マンション大規模修繕をしま専科

修繕費を区分所有者から月額で回収

是非とも知っておきたいマンション大規模修繕に関する情報を多数お届けしています。
「マンション大規模修繕をしま専科」のコンテンツをお見逃しなく!

 

一番大規模修繕コンサルタントの業務の中で、相談を受ける内容として、どうその費用を捻出するかです。
修繕費を区分所有者から通常は月額で回収するのが通常ですが、マンションの販売を良くするために最近のデベロッパーさんはこの修繕費用をいかに浮かすかを考えています。
なるべく区分所有者から修繕費の回収をせずに修繕ができればそれに越したことは無いですからね。
駐車場がマンションなどの集合住宅式の住宅は別料金になっているケースがあります。通常この駐車場の料金はその建物をどう運営させるのかという金額にあてがわれます。

 

ほとんどのケースがそのため駐車場の料金を別途月額でもらっているはずです。
修繕費をこの駐車場費用、区分所有者から捻出させない、実際には捻出しても少額で済むようにする対策の一つなのです。80世帯ある建物であれば、月額5000円だとしても毎月400,000円の売上が立ちます。

 

それが毎月なので年間480万の売上、10年で4800万円の売上になるのです。修繕費にこの金額を当てれば一人あたりの修繕費の回収費用は抑えられますね。
もちろん大規模修繕が必要な時に充てがえる費用がこの額ではほとんど無くなるため、費用のある程度の回収が必要になります。

 

よく現在集合住宅の運用で見るのが、1階をテナントにして、家賃収入をテナントから得るという方法です。だれも集合住宅の1階部分は住みたがりません。
集合住宅の一つのメリットとしてそれは防犯性がありますが、どうしても1階の家だと、防犯性は低くなってしまうからでしょう。他の物件と比較して住宅として販売しても安価な金額になる場合があります。

 

今では非常に便利な世の中になったもので、大規模修繕のことについては簡単にインターネットで調べることが出来ます。
しかしそれらのサイトの中には間違ったマンション大規模修繕情報を公開しているサイトもあるので、サイト選びは非常に重要です。

 

意外と知っているようで知らないのがマンション大規模修繕であり、まず最初は基礎知識を勉強することが大切です。
何も知識を持っていない状態でマンション大規模修繕を調べましても意味がありませんので、マンション大規模修繕をインターネットで検索しましょう。